*** スノーボード ***

*** ウィンタースポーツ ***

スノーボード(snowboard)とは、一枚の板上に、両足を斜めまたは横向きに置き、雪のついた斜面を滑るスポーツ。またその板。スノーボードをする人をスノーボーダーと言う。

最大の特徴は、非対称、横乗りのサイドウェイスタンススポーツだということ。軸足を前に、利き足を後ろに置く。左足が前になるレギュラースタンス、右足が前になるグーフィースタンスがある。右手利きが多いように、グーフィーよりレギュラーの割合が多い。ちなみに、利き手と利き足は左右一致しないことがある。

「スノーボード」という名称は、アメリカとカナダを中心とした北米スノーボード協会が発足した時、新しいスポーツのジャンルとしてスノーボードという名称に統一したことに始まる。1970年代まで、同じく「スノーボード」という名称の雪上を滑るボブスレーのような競技が存在していたが、一般には普及しなかった。

英語で"snowboard"は「スノーボードする」という動詞であるため、名詞として使う場合は"snowboarding"と言うことが多い。また、1980年代の一時期、アメリカの玩具会社が"Snowboard"の商標登録を持っていたため、"snoboard"という表記も当時よく見られた。

もともとはサーフィンやスケートボードを雪山でも、といった楽しみ方をされていたが、既にスキー場という娯楽施設が整備されていたため、その環境にも適応すべくスキー製造技術を取り入れていった。圧雪された斜面での滑走性能が上がり、現在では整備されたゲレンデで滑るのが一般的となったが、ゲレンデ外(オフピステ)の雪山を滑るバックカントリースノーボードも人気である。人工的に管理された範囲外での滑走となるため、より高度な滑走技術だけでなく、雪崩のリスクマネジメント、応急手当など、安全に関わる知識を学ぶことや、ビーコンなどの専用の装備が必要である。ビッグマウンテン、狭義にはエクストリームなどとも呼ばれる。

*** 用語 ***

トリック
「トリック」とは技の総称である。たとえば下記の「スピン・トリック」は「回転技」という意味である。
主な技術
スケーティング(skating)
前足をバインディングにつけたまま、後ろ足を外して蹴って進む方法。平坦な場所やリフト乗降時には必須の技術。
ドリフト・ターン(drift turn)
板をずらすことで減速しながら行うターン。(JSBAはドリフトターン、SAJはスキティングターンと言い、呼び方も技術も違う)
カービング・ターン(carving turn)
板のサイド・カーブを利用した、ずれと減速の少ないターン。文字通り雪面を「彫る」ようなターンである。
ヴィテリー・ターン
雪面に手を突きながら、体を極端に寝かせてするターン。フランスのセルジ・ヴィテリが考え出した。
スイッチ(switch)
利き足を前にして滑る技術。フェイキー(fakie)とも呼ぶ。
グラウンド・トリック(ground trick)
フラットなバーンや地形だけを利用して(構造物を使用せず)行うトリック全般。
プレス(press)
板を押しつけることでノーズかテールを浮かせて滑る方法。グラウンド・トリックの一種で、ノーズ、テール共にフロントサイド、バックサイド、マニュアルの3種類ある。
オーリー(ollie)
板の弾力を使い、テール部分で雪面を弾いて飛び上がるスケートボードから応用された技術。ノーズ部分を使う場合は「ノーリー」と呼ぶ。
パンピング(pumping)
ワンメイクやパイプなどでリップを抜ける時、腰を微妙に振るなどし重心を移動させる技術。実際は物理学的に重心の移動は減速につながるため、板の運動と合わせた動きをする、と言うこと。
エア(air)
ジャンプ全般。ハーフパイプではエアーターンと同意。
シフティ(shifty)
ジャンプトリック中に上半身と下半身を逆方向に捻る技術。
グラブ(grab)
ジャンプトリック中に板をつかむ技術。つかむ部位、つかむ手によって、名称が変わる。
インディーグラブ…後方の手で板のフロントサイド(体の前方)をつかむ。
ミュートグラブ…前方の手で板のフロントサイドをつかむ。
ノーズグラブ…前方の手で板のノーズ(板の前方)をつかむ。
テールグラブ…後方の手で板のテール(板の後方)をつかむ。
メランコリー…前方の手で板のバックサイド(体の後方)をつかむ。
メソッド…メランコリーグラブの状態から、上体を反らす。
トゥイーク…メソッドの状態から更に前方へ下半身を捻る。
ステイルフィッシュ…後方の手で板のバックサイドをつかむ。
シートベルト…前方の手で板のテールをつかむ。
ローストビーフ…後方の手で股の間から板のバックサイドをつかむ。
スティフィ…ミュートグラブの状態から両足を伸ばす。またはグラブしながら両足を伸ばすこと。
チキンサラダ…ローストビーフと同じ手で同じ所を、肘が外側に向く様につかむ。
カナディアンベーコン…後方の手をバックサイド側から股の間を通し、フロントサイドをつかむ。
ジャパンエア…ミュートグラブの状態からメゾットの様に体を反らす。
ボーニング(ボーン)…グラブ中に足を伸ばすこと。例:インディノーズボーン(インディグラブの状態で前方の足を伸ばす)
ダブルグラブ…1エア中に2箇所グラブすること。
スピン・トリック(spin trick)
回転技。水平に回転する角度によって、半回転は180(ワン・エイティー)、一回転は360(スリー・シックスティー、スリー・シックス、スリー、サブ・ロク)と変化する。回転方向によってオープン(まず体が正面を向く回転方向、つまり前方の足と同じ方向に回転。フロントサイドとも呼ぶ)、ブラインド(まず体が背面を向く回転方向、つまり後方の足と同じ方向に回転。バックサイドとも呼ぶ)スピンと呼ぶ。また縦方向の回転は、前方回転はフロント・フリップ、後方回転はバック・フリップと呼び、2回転する場合はダブルを付加する(例:ダブル・バック・フリップ)。
キャブ(CAB)
スピントリックにおいてスイッチ・スタンスでアプローチし、オープンサイドに1回転するトリック。スケートボードのキャバレリアル・トリックに由来する。半回転をハーフ・キャブと呼んだり、この回転を経て行ったトリックの頭に付けることがある。 例:CAB9(キャブ・ナイン。スイッチでジャンプし、オープンサイドに2回転半回転する技。スイッチ・オープン・ナインと同じ意味。)
3D回転
回転軸が斜面に対して垂直でない回転技。ロデオフリップ、マックツイストなど。
ジブ(jib)
ジビング。レールやボックス、丸太など、雪以外を滑走する(こする)技術。これに用いられる人工物をジブ系アイテムと呼び、近年日本のスノーボードパークにも頻繁に見られる。

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample