*** スキー ***

*** 必要な用具 ***

スキー板
ストック
スキーブーツ
ゴーグル
スキーウェア
スキーグローブ
帽子(ヘルメット)
プロテクター

*** スピードスキー(キロメーターランセ) ***

スピードスキーとはスキー競技のひとつで急勾配の斜面を滑り降り時速を競う競技。

かつてはイタリア語のChilometro Lanciato からキロメーターランセとも呼ばれた。

ルールは、スタート後300メートルから400メートルほどの助走区間をほぼ直滑降し、その後の斜面に設置された100メートルの区間の平均速度を計測するというものである。そしてそこで最も平均速度の速い者が勝者となる。

200km/h以上という極めて高速で短時間の直滑降を行うため、選手は空気抵抗を減らすべく特殊形状のヘルメット、コーティングされた通気性のないスーツを着用し、ふくらはぎの部分には整流の為のスポイラーを装着する。また、雪面から顎までの高さが30〜40cm程度という極端な前傾姿勢を取る。ターンの必要がないことと雪面との摩擦熱に対応するため、スキー板も専用の物が使われる。

現在の世界記録は、2006年にイタリアのシモーネ・オリゴン(Simone Origone)が記録した251.40km/h、日本記録は久住和永が1997年にフランス・レザルクで記録した241.611km/hである。

1992年のアルベールビルオリンピックで公開種目として採用されたが、そのスピードによる事故の危険性などから正式競技となるには至っていない。しかしながら、現在でもワールドカップが行われるなど欧米を中心に根強い人気を誇っている。

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample