*** ボクシング ***

*** ボクシング ***

ボクシング(英語:boxing)は、拳にグローブを着用しパンチのみを使い、相手の上半身前面と側面のみを攻撃対象とする格闘スポーツの一種。拳闘(けんとう)ともいう。ボクシングの名前を冠した競技はタイのタイボクシング(ムエタイ)や日本のシュートボクシング等がある。

*** ボクシング ***

試合形式アマチュアアマチュアボクシングでは、シニア(18歳以上)では1ラウンドを3分間、ジュニア(高校生)では1ラウンドを2分とし、ラウンド間に1分のインターバルをおく。ラウンド数は、日本国内では3ラウンドでおこなわれる形式が一般的であるが、国際試合では1990年代後半から2000年代前半にかけて、1ラウンドを2分間に短縮して5ラウンド制または4ラウンド制で行われるなどした。日本国内においても、全日本選手権とそのブロック予選では2分4ラウンド形式で試合がおこなわた時期がある。しかし、国際アマチュアボクシング連盟では2009年1月より3分3ラウンド制に統一され、これに従って国内でも3分3ラウンド制に統一された。

プロ試合形式はラウンド制。1ラウンドを3分間とし、ラウンド間に1分間のインターバルをおく。ラウンド数は4ラウンド、5ラウンド、6ラウンド、8ラウンド、10ラウンド、12ラウンドの6種類。ラウンド数は選手のライセンスの種類によって決定される。なお、原則として12ラウンドは日本においては東洋太平洋タイトルマッチ、世界タイトルマッチの時にのみ実施される。

女子は原則1ラウンド2分間で、ラウンド数は4ラウンド、5ラウンド、6ラウンド、8ラウンド、9ラウンド、10ラウンドの6種類。ただし、海外では男子と同じ1ラウンド3分間を認めるコミッションも少数ながら存在している。世界タイトルマッチは原則2分10ラウンドだが、WBA・GBUでは3分12ラウンドも認められており、WBAでは他に2分9ラウンド、GBUでは3分8ラウンド、3分10ラウンドの選択肢も存在する。

選手の服装アマチュアアマチュアボクシングでは、選手はトランクス、ランニングシャツ、シューズ、ヘッドギア、グローブを着用する。グローブの重さはシニア(18歳以上)の選手は全階級を通じて10オンス、ジュニア(高校生)はライトウェルター級までの選手は10オンス、ウェルター級以上の選手は12オンスである。また、負傷防止のためマウスピースとファウルカップを着用する。

プロ選手はトランクス、シューズ、グローブ、女子はさらに試合着(タンクトップやスポーツブラなど)を着用する(海外ではトランクスの代わりにスパッツやミニスカート、ワンピースなどが認められるコミッションも存在する)。グローブの重さは男子はスーパーライト級までと女子はフェザー級までが8オンス、それ以上は10オンスである。また、負傷防止のためマウスピースとファウルカップ、女子はさらにチェストガード・アブドメンガード・を着用する(スパーリングの場合にはヘッドギアを着用することがある)。

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample