*** ボクシング ***

*** 協栄ボクシングジム ***

フライ級・バンタム級のプロボクサーとして活動した金平正紀が現役時代から属した野口ジムトレーナー経て、プロテスト不合格の愛弟子・松田博幸(後にリングネーム・海老原博幸)を引き連れ1959年(昭和34年)の4月に「金平ボクシングジム」として東京都杉並区に設立、その後草加市の谷塚駅近く(移転後の跡は所属選手の実父で実業家の有澤二男が買い取り草加協栄を経て現在は草加有沢ジム)や渋谷区の代々木駅近くを経て現在地に。大阪帝拳、角海老宝石、ヨネクラ、三迫、新日本木村等と並ぶ、大手ジムや有力ジムの内の一つ。系譜としては「大日本拳闘会(神戸:嘉納健治) - 野口ジム(目黒:野口進)」の流れである。のちに協栄物産と提携して「協栄ボクシングジム」と名称変更した。過去にスポンサーの関係で『海外タイムス・ジム』『ベル協栄ボクシングジム』『ワールドスポーツ・クラブジム』の名称を使用していた時期がある。なお、これらスポンサーのうち『海外タイムス』は悪徳商法で社会問題となった豊田商事の関連企業。

初代会長は金平正紀。2代目であり現会長は、前会長の長男金平桂一郎。なお、正紀会長が追放(後述#毒入りオレンジ事件参照)されている間は高橋勝郎が代理を務めていた。現在のマネージャーは大竹重幸で、会長代行も兼ねる。日本アマチュアボクシング連盟にも加盟している。

*** 協栄ボクシングジム ***

協栄ジム 公式オンラインショップ

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample