*** シューティングスポーツ ***

*** シューティングスポーツ ***

世界的にライフル銃や猟銃、ピストルなどを用いた射撃 (Shooting)は、スポーツや競技として広く行われており、長年、夏季オリンピックの競技種目の1つでもある。 米国以外の国ではこういった殺傷能力のある銃器を個人が所持するには免許が必要なことが多いが、免許審査の基準は国によって異なり、日本は最も厳しい国の1つである。 イギリスは日本と同程度に銃器の所持条件が厳しいが、競技としての認知度は高く、日本に比べれば盛んである。

主な競技2004年のアテネオリンピックで行われた射撃競技は以下の通り。

ピストル射撃
ラピッドファイアー
フリーピストル
エアピストル
スポーツピストル

エアライフル競技選手 / ハティ・ジョンソンライフル射撃
スモールボアライフル
エアライフル
クレー射撃
トラップ
スキート
ダブルトラップ
ランニング・ターゲット
冬季オリンピックではバイアスロン (ライフル)が行われる。

*** 姿勢 ***

立射射撃の姿勢については4種類ある。立ったまま射撃を行う立射(スタンディング Standing)、床に伏せた状態で射撃を行う伏射(プローン Prone)、あぐらをかくように座った状態で行う座射(スィッティング Sitting)、片膝を立てた状態で行う膝射(ニーリング Kneeling)である。種目によってどの姿勢で行うか(単一、あるいは複数)が決められている。

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample