*** サーフィン ***

*** サーフィン ***

サーフィン(英: surfing、英語発音: / サーフィング。surfin')は、ウォータースポーツの一つ。波乗りともいう。サーフボードの上に立ち、波が形成する斜面を滑走する。

サーフィンをする人のことをサーファー(英: surfer)と言う。

*** 道具 ***

ボード
11 フィートのロングボード一般的には、9フィート(約274.3cm)以上のロングボードと、ショートボードに分かれている。長い間9フィート以上あったボードが短くなり始めたのは1968年のことで、その後わずか数年でどんどん短くなり、1971年には5?6フィートの板が出てくる。

スタイルや用途によって、様々な長さ、形状の板が使われている。大波用のガンや、ショートボードでロングのような形状のエッグノーズボードなど。 ロングボードとショートボードの中間に位置するものがファンボードである。ファンボードは海外では「HYBRID BOARD」と呼ばれている。

発祥以来、木の板であったが、戦後から現在に至るまで、発泡ウレタンフォームをガラスクロスとポリエステル樹脂で包んだものが主流となった。

合衆国の「クラークス・フォーム社」製のブランクス(大まかな外形と組成を指定できる基材)が、市場の大きなシェアを占めていたが、同社が今世紀初頭に突如倒産し、業界は一時的に大きな混乱に見舞われた。「クラークスのブルーで6'10のボックス・フラットボトムの…」等という共通認識に基づく大まかな指定や、ブランクス製造のノウハウや技術的な蓄積が、突如失われたためである。

エポキシ樹脂(ポリスチレンなど)のフォームを使用したり、近年では、カーボンファイバーをエポキシ樹脂で包んだり、空洞ポリプロピレン(ハイドロフォーム)をカーボンファイバーで包んだ中空ボードなど、より強度のある軽いボードを作る試みもされているが、50年以上大きくは変わっていない。

通常は、シェイパーあるいはマシンによってブランクのフォームが削られる。長さ、幅、厚み、アウトライン、レール形状、ロッカー(ノーズとテールの傾斜)、テール形状で大きく性能が変わる。

モールドボードなどと呼ばれる金型を使用し、大量生産されるようなものもある。

フィン
ボトムについているひれ状のもの。スケッグとも呼ぶ。初期のシングル(1本)フィンからツイン(2本)フィンを経て、現在はトライ(3本)フィンが主流。クアッド(4本)フィンも最近人気がある。5本以上のフィンを持つものもある。

また、従来はオンフィンと呼ばれる固定型であったが、現在は取り外し、交換できるFCS(Fin Control Systems)やフューチャーフィンなどのシステムが多い。

滑り止め
サーフボードにワックスをかけるアメリカ海兵隊伍長の女性(US Marine Corps CPL.Kimberley Thompson)デッキに塗布する滑り止めがワックス。水温などによって硬さ違いの種類や、ベースコート、トップコートなどがある。

デッキに貼る滑り止めがデッキパッド。ボードを方向転換させる際に、軸足となる後ろ足でボードを蹴り込む事も容易になる。

ショートボードでは前足がワックス、後ろ足がパッドの組み合わせが好まれる傾向にあるが、両足ともワックスあるいはパッドという組み合わせもある。ロングボードではワックスが好まれるが、もちろんパッドもある。

流れ止め
サーフボードと体を結ぶ紐状のもの。リーシュコード、パワーコードなどと呼ぶ。ショートボード用とロングボード用があり、さらに、目的によって長さや太さなどに違いがある。

使用されるようになったのは比較的最近('70年代以後)。それ以前は、板が流されれば当然波乗りは出来なくなり流された板を取りに行かなければならなかったが、使用されるようになってからはコードを手繰れば板を回収できるようになったため、ワイプアウトを恐れず思い切ったマニューバーを志向する傾向が強くなった。

たかが1本のヒモだが、波乗りの可能性を大きく拡げたと言える。

波情報
サーフィンをするには欠かすことができない波の情報である。日本ではNTTのダイヤルQ2を利用して波の情報をサーファーに提供する業者が複数あったが、今では携帯電話サイトでの提供が主流。その日の天気、波の大きさ、風の向き、どれだけサーフィンを楽しめるか、今後の波の予想などが提供されており、一日に何度も情報が更新される。また、近年急激な利用者数の増加が見られるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に於いても、「サーフィン特化型・SNSサイト」が公開されており、従来の「サーフィン情報提供型WEBサイト」と「サーフィン特化型ネットワーキングサイト」を併用した波情報の取得が広まりつつある。サーファー同士がサーフィンに関する「情報の共有」を手軽に全国規模で行うことが可能となった為、従来の情報提供サービスの利用に加え、サーファー個々の持つ「コミュニティー」や「ネットワーク」を活用した情報収集による「ピンポイント」且つ「リアルタイム」な波情報の入手方法が、近年普及の広がりを見せている。

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample