*** 水泳 ***

*** 水泳の話題 ***

水泳の世界選手権第11日は26日、当地で行われ、競泳の男子100メートル背泳ぎ決勝は入江陵介(イトマンSS)が52秒98で3位となり、銅メダルを獲得した。2009年ローマ大会の200メートル背泳ぎで2位の入江は、2大会連続のメダル獲得。今大会で日本勢のメダルは初めて。カミーユ・ラクールとジェレミー・ストラビユのフランス勢が52秒76の同タイムで優勝を分け合った。(時事通信)

*** 日本選手 ***

水泳は昔からお家芸といわれてきましたが、外国人の体格と練習方法、水着などによって、苦戦を強いられています。その中でも、小さいうちからオリンピックを目指す多くの子どもたちがいて、好成績も出てきています。

競技

素肌のお手入れも大切

自宅で本格脱毛器「イーモリジュ」公式ショップ!

Designed by CSS.Design Sample