*** ピラティス ***

*** ピラティス ***

ピラティス・メソッド(Pilates method)は、1920年代に、ドイツ人従軍看護師ジョセフ・ピラティスがエアロビクスを元に開発したエクササイズ。

*** 概要 ***

もともとは第一次世界大戦の負傷兵のリハビリテーションのためのフィットネスプログラムであった。呼吸法を活用しながら、主に体幹の深層筋(インナーマッスル)をゆるやかに鍛える。

これにより、

代謝が上がる
姿勢がよくなる、歩行姿勢がよくなる
動作の無駄がなくなり故障しにくくなる、転倒による骨折防止になる
などの効果が期待できるとされる。

マットレスやゴムバンド、ボールなどを用いる運動もあり、直接的な筋肉トレーニングの意味合いが大きいが、筋力よりむしろ筋肉の使い方のトレーニングに重きが置かれ、動きはゆるやかで負荷も比較的小さいため、主に女性の美容・健康法として、近年人気を博しつつある。

スポーツクラブ等のグループレッスンに取り入れられている。
メソッドは、イギリス流、アメリカ流、カナダ流に大きく分かれる。ボ−ル等の簡単な道具を使用する方法と、本格的な器具を使用する方法がある。少人数でレッスンを行うほうがより効果が期待できる。
日本人トレーナーとしては、目黒若菜、福井千里、笠谷房子、干場麓照などがいる。

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample