*** ゴルフ ***

*** ゴルフ用語 ***

スタートアウトスタート
1番ホールからスタート
インスタート
10番ホールからスタート
ホールインパー4のコースを例にとると、1打で入れた場合、ホールインワン、2打で入れた場合、イーグル、3打目の場合バーディー、4打目の場合パー、5打目の場合ボギー、6打目の場合ダブルボギー、7打目の場合トリプルボギー、8打目の場合ダブルパーと呼ばれる。その他パー5のコースで2打で入れた場合(基準より3打少ない)アルバトロスと呼ばれる。

ショットショット
ボールを打つこと= 打撃。
ティーショット
ティーインググラウンドからのショット。
アプローチショット
グリーンの周りからのショット。
バンカーショット
バンカーから脱出するショット。
パット
特にグリーン上でパターを用いてボールを打つこと。
フェード
ボールの軌道を右に変化するようにショットすること。
キャリー
ショットされたボールの空中における飛距離。
ラン
ショットされたボールが、一度地面に接してから制止するまでの距離(弾んで空中に存在する分も含まれる)。
その他アゲンスト
「向かい風」のこと。和製英語。無風状態よりキャリーが減ることがある。
フォロー
「追い風」のこと。和製英語。無風状態よりキャリーがより増えることがある。
局外者
競技者の意思とは関係なくボールを勝手に動かすカラスや、穴を掘ったりしてコースの形状を変えてしまう動物や物。風と水は局外者ではない。
ドッグレッグ
犬の足のように曲がったコースのこと。
ゴルフにおける和製英語ゴルフでは野球などと並んで英語圏の外国人に通じない和製英語が多く使用されている。

シングル
ハンディキャップが一桁のプレーヤー。
カップ
hole
アゲンスト
英語の against (〜に逆らって)という意味の副詞から生まれた和製英語。英語では headwind などと言う。
フォロー
英語の follow (〜に従う)という意味の動詞から生まれた和製英語。英語では tailwind などと言う。
フック / スライス
打球が左/右へ曲がること。英語では bend to left/right など表現する。 

ルール
ルールとマナー
ゴルフ用語
技術
用具
プロの大会

*** 日本 ***

静止したボールを打つため簡単そうに思えるが、対戦相手と打ち合う球技ではないため、精神力が重要とされ、精神力7割技術力3割とも言われている。プロゴルファーでさえ、プレッシャーのためわずか30cmのパットを外すこともある。

基本的に個人で行う球技だが、団体戦もある。個人戦の場合においても、競技者(ゴルファー)とコースを同伴するキャディがいる。キャディはクラブを持ち運びするだけではなく、競技者にアドバイスできる唯一の存在となる。名選手の陰に名キャディありとも言われる。

アマチュアにおいてもプロゴルファーを目指すのでもない限り、中高年から始めることも可能で、比較的高齢となってもプレーを楽しめる。自分の年齢よりも低い打数で1ラウンドを終了(エイジ・シュート)した者は、「エイジ・シューター」と呼ばれ、ゴルファーの尊敬を集める。

TPCホールインワン(1打でカップに入れること)の達成者はゴルファーの羨望の的となる。日本においてアマチュアゴルファーがホールインワンを達成した場合には、記念としてゴルフ場の記念植樹やパーティーなどを開く事が慣習になっているために、その出費に備えて、ホールインワン保険に加入する者もいる。一方で、日本のみ、プロの試合でホールインワンを達成すると、達成した選手に特別賞のホールインワン賞(賞金・賞品)が贈呈される。

普通にプレイしようとすると、用具代やプレイ代、会員権などの費用がかかりがちなスポーツであり、経済的余裕がある者が主に楽しむ競技である。

日本では全般的にプレイ代、会員権などの費用が高額だが、欧米には高級名門ゴルフ場以外にも、パブリック式の比較的低廉な費用でプレイを楽しめるゴルフ場も多い。

このため、日本では純粋にスポーツとして楽しむというよりも、主に業務での取引先企業などの接待が絡んだゴルフのプレイも数多く行われる。またいわゆる名門クラブの会員資格は、プレイではなく投機の対象となる事が多い。
日本においてはプレイヤーはプレイごとゴルフ場利用税が課される。ただし国体の試合や未成年者は免除される。

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample