*** テニス ***

*** テニス ***

テニスの用語は、ロイヤルテニスで使われるフランス語の用語から命名されている。

テニス (tennis)
フランス語の動詞 tenir の命令法2人称複数形で「(球を落とさないように)取ってみろ」という意味の「トゥネ」(Tenez!)に由来する。これはロイヤルテニスにおけるサーバー側のプレイヤーの掛け声であり、「サーブするぞ!」 (I am about to serve!) ということを意味する。ゴルフで「フォア!」 (Fore!) というのと似ている。
ラケット (racquet, racket)
フランス語の「raquette」からきているが、この言葉は「掌」という意味のアラビア語ラーハに由来する。
ガット (gut)
ラケットに張る弦。正式にはストリングス (strings)という。ガットは「腸」を意味する。素材はナチュラルガット(動物の腸)の他、ナイロンやポリエステル等がある。太さは、主に1.10〜1.42mm(15〜18)。
テンション (tension)
ガット(ストリングス)をラケットに張る強さ。強さの単位には通常ポンド(pounds, lbs, LBS)が使われる。ガットやラケットは、それぞれ適正張力が推奨されている場合が多く、45〜60ポンドである場合が多い。張り上がりが強いほど硬くなり、コントロール性が良くなる。また弱いとボールスピードが上がる。
デュース (deuce)
古フランス語で2を意味するドゥウス deus/deuz (現代語ドゥー deux)より。現在、フランス語では平等・同点を意味するエガリテ(egalite)が用いられる。
ラブ (love)
アラビア数字の「0」が卵型をしていることから卵を意味するフランス語の定形ルーフ(l'?uf)に由来するという俗説があるが、実際は「何でも無い」という意味の成句「愛のためでも金のためでもない(Neither for love nor for money)」に由来する。
「0」「15」「30」「40」というスコアの数え方は、当初は60進法で0、15、30、45であったものの45の5が省略されるようになったものだという説が有力である。
キープ (keep)
サーバーが自分のサービスゲームを取得すること。
ブレーク (break)
レシーブ側が相手のサービスゲームを取得すること。ルールを考慮すれば、基本的には相手のサービスゲームをブレークしなければ試合に勝つことはできないことになる(ただし、ファイナルセットにもタイブレークが適用されている試合に関しては、この限りではない)。
グリップ(ラケットの握り方)
主にコンチネンタル、イースタン、ウエスタンの3つの握り方がある。コンチネンタルは、ボレーやスマッシュに、イースタンは、フラット、トップスピン、 スライスとどれも打てる。またウエスタンはフラットやトップスピンに適している。
ストローク
ボールを打つこと。フォアハンドストロークとバックハンドストロークがある。
フラットストローク
ボールに対してフェイスをフラットにして打つ。スピードのあるボールが打てる。
トップスピンストローク
ボールに強い順回転をかけることにより、落差の大きい打球となり、高くバウンドする。
スライスストローク
ボールに逆回転をかけることで、バウンドした後に低く滑るような打球となる。
ロブ (lob)
相手の頭上を抜いたり、時間を作るなどの目的でボールを高く打ち上げること。フラット、アンダースピン、トップスピンの3つがある。
ボレー (volley)
相手が打ったボールをバウンドする前に打ち返すこと。ボレーにはミドルボレー、ローボレー、ハイボレー、ハーフボレー、ドロップボレー、アングルボレー、ドライブボレーなどがある。
サーブ (serve)
ボールを空中に離し(「トス」と呼ぶ)、そのボールをラケットで打つこと。「サービス」とも言い、サーブを打つ人を「サーバー」と呼ぶ。サーバー側コートのベースライン後方から対角にある相手コートのサービスエリア(サービスボックスとも言う)にサーブを入れる事で、ゲームのポイントが開始される。サーブがサービスエリアに入らなかった場合、前述のように(「ルール」の項を参照)、1ポイントにつき1度のみ失敗(フォルト)が許されており、もう1度サーブを打つことができる。2度目のサーブも失敗した場合、ダブルフォルトとなり、サーバーはそのポイントを失う。トスを上げる場所は特に規定されているわけではないが、多くの場合、頭上に上げる。相手がサーブしたボールに触れる事ができなかった場合、これを「サービスエース」と呼ぶ。また、かろうじて触れられたものの、エース級のサーブでポイントを取った場合は「サービスウィナー」と呼ぶ。サーブの種類はボールの回転で分類されることが多く、主に「フラットサーブ」、「スライスサーブ」、「スピンサーブ」などと呼ばれる球種が存在する。しかし実際のところ、これらの球種の分類は回転量や回転の方向についてのものであるため、明確な区別が難しく、複数の性質を併せ持つ中間型も多い(「スライスサーブ」と「スピンサーブ」の両方の性質を持つ「トップスライスサーブ」などが知られている)。また、回転ではなく打法における分類としては、ラケットの先端を水平よりも下側に向けた状態から打つサーブを特にアンダーサーブと呼ぶ。
フラットサーブ
ボールの回転量が少なく、軌道の変化に乏しいので、他の回転をかけたサーブに比べるとサービスエリアに入れることは難しいとも言えるが、その分最もスピードを出すことのできるサーブである。
スライスサーブ
ボールを切る(スライス)ようにして打つことで回転をかけることから名のついたサーブである(ただし実際に「切るようにして打つ」ことがこのサーブを上手く打つにあたって適切かどうかについては意見の分かれるところである)。右利きの場合、ボールはサーバーから見て左に曲がりながら飛ぶ。上から見たとき、反時計回りの回転が主となる。(アンダーサーブは主に順時計回りが主)
スピンサーブ
前方への回転が主で、落差の大きい軌道を描く。このため、前述のフラットサーブなどよりも比較的サービスエリアに入れることが容易である。バウンド後は回転の影響により他のサーブに比べて高く弾む。サービスエリアに入る確率が高いこと、また高く弾むために攻撃されにくいことからセカンドサービスとして用いられることが多い。回転方向によっては、やや左に跳ねさせたり、逆にやや右に跳ねさせたりといった調節も可能である。「ツイストサーブ」や「キックサーブ」と呼ばれるサーブがあるが、もともとスピンサーブがこのような別名を持っており、これらのサーブは同系統のサーブであると考えられる。一方、これらの呼称をそれぞれ独立したサーブとして差別化しようとする動きもあるが、現時点ではそれが明確に定義されているとは言えないため、総称としての「スピンサーブ」という呼び方が適切であるといえる。
フォールト (fault)
サーブで打ったボールがサービスエリアに入らなかったときのコール。1ポイント中に2度フォールトすると「ダブルフォールト」となり、サーバーはそのポイントを失う。
フットフォールト (foot fault)
サーブを打つ時に、ラインを踏んだり、ラインを越えて踏むなど、足を着いていた位置が規定の範囲から外に出ていた場合にコールされ、フォールトとしてカウントされる。ボールがラケットから離れた後に足を着く位置については問われない。
レット (let)
プレーをやり直すこと。サーブの時、打ったボールがネットに当たってサービスエリア内に入ったり、トスしたボールが着地するまでに打たなかったりした場合、サーバーにはそのサーブをやり直す権利がある。また、プレー中に他のコートからのボールや、その他プレーの妨げとなるものが入ってきたり、身に着けているものや持っているボールを落とした場合などにもコールされ、ファーストサービスからプレーをやり直す。
ネット (net)
サービスで打たれたボールがネットに接触した場合、審判が発するコール。このコールによってボールがネットに接触したことを確認し、その後、そのボールがサービスエリアに収まった場合はレット、収まらなかった場合はフォルトをあらためてコールする。
リターン (return)
サーブを返球すること。返球したボールがサーバーに触れずにポイントを得た場合「リターンエース」と呼ぶ。
タッチ (touch)
ネットにラケットや体で触れた時、またボールがラケットや体にかすったことで失点となったと判断された場合や、ボールが天井などの構築物に触れたと判断された時などにコールされ、失点となる。
ボールパーソン (ball person; ball boy, ball girl)
テニスの試合中に、ラリーが終了したボールを拾ったり、選手にボールを渡したり、ルールに沿って新しいボールに変えたりする人。多くの場合、正式な訓練を受けた子供たちが行う。タオルや、落としたラケットを渡すこともある。
トス (toss)
1.サーブの際にボールを上空に投げ上げる動作。
2.試合開始前に、初めにサーブを行うプレーヤーを決定するための動作。コイントスと、ラケットによるトスがある。以下はラケットを使用する場合である。一方のプレーヤーがグリップを軸にしてラケットを回転させ、ラケットが地面に倒れ静止した状態での表裏を、ラケットが回転している間に他方のプレーヤーが当てることにより行う。このとき、ラケットを回すプレーヤーは、相手側のプレーヤーに対して以下に示すような問いかけを行い、公正を期すため応答がある前にラケットを回す。トスの結果により選択権を得た側が、「サーブを初めに行う」「レシーブを初めに行う」「ネットのいずれかの側のコートに入る」「選択権を相手に譲る」のいずれかを選ぶ。なお、規定の練習が開始されるとコートの状況の確認が可能となるため、トスは規定の練習の前に行われる。
ラフ・オア・スムース (rough or smooth)
かつてのラケットには、飾りガット、あるいは飾り糸と呼ばれる紐が結わえられており、紐が平坦に見える側が表(スムース)、凸凹に見える側が裏(ラフ)と判断される。 飾りガットが廃れた一方で、グリップエンドのラケット製造者のマークを用いて表裏を判断するようになった。スムース・オア・ラフとひっくり返して言うこともある。
アップ・オア・ダウン (up or down)
グリップエンドのマークが正しい向きになっている場合は表(アップ)、上下反転している場合は裏(ダウン)と判断される。
フィッチ (which)
上2つの選択肢を特に指定せず、単に「どちらか」を答えさせる意味での問いかけ。海外では使われない言い回し。
ゲーム、セット、アンド マッチ (game, set and match または game, set, and match)
「ゲーム終了、セット終了、そして試合終了」の意で、試合終了時にコールされる。(なお英語では、ゲームセット(game set)という言葉は、チェスなどのゲーム用具一式の意を持つ。)
プレイのスタイル
ストローカー (Stroker) / ベースライナー (Baseliner)
ベースラインの付近でのストロークを主体としてプレーを行うプレーヤー。
アグレッシブベースライナー (Aggressive Baseliner)
強打などで攻撃的なプレーを行うベースライナー。
カウンターパンチャー (Counter Puncher)
自分からは強打せずに相手のショットを拾って粘り、ミスを誘ったり、相手の強打を利用してカウンターを狙うスタイルのプレーヤー。
ハードヒッター (Hard Hitter)
強打を得意とするプレーヤー。
サーブアンドボレーヤー (Serve and Volleyer)
サーブを打った後すぐにネット付近に移動してボレーやスマッシュを行うプレーを得意とするプレーヤー。
ネットプレーヤー (Net Player)
ネットの付近に位置しているプレーヤー[2]。
ビッグサーバー (Big Server)
速いサーブを得意とするプレーヤー。
オールラウンダー (All-Arounder) / オールコーター(All Courter)
万能なプレーを行うことのできるプレーヤー。
その他のテニス用語
振動止め
ゴム状の素材でできており、ラケット全体の振動を軽減させる目的でストリングスの一部に装着して利用する。利用するかどうかは利用者の判断で選択できるが、装着できる位置などに関してルールで定められている。
オーバーグリップ
グリップの周りに巻いて利用する。様々な種類が存在する。
ノー・アドバンテージ・スコアリング方式
試合時間の短縮を図って採用されることのあるルールで、デュースの後1ポイントでそのゲームの取得者を決定する。略して「ノー・アド」などと呼ばれることがある。
レシーバーズ・チョイス (receiver's choice)
ノー・アドバンテージ・スコアリング方式のゲームで採用されることがあり、デュースの後ゲームを1ポイントで決める時に、サーバーが左右どちらからサーブを行うかを、レシーバー側が決めることができる。審判は「Deuce. Deciding point, receiver's choice.」とコールする。
ノン・プレッシャライズド・ボール (non-pressurized ball)
一般にノンプレッシャーボールと呼ばれる。ボール内の空気圧を外気圧と同じ程度にして作られているため、空気がほぼ抜けないボール。プレッシャライズド・ボールよりも空気圧が低い分、ボールの素材で反発力を補っている。空気抜けの問題はないため、販売時に缶などで高圧で密封する必要はない。
四大大会
全豪オープン(1月)
全仏オープン(5月 - 6月)
ウィンブルドン(6月 - 7月)
全米オープン(8月 - 9月)
四大大会を1年間ですべて優勝することを年間グランドスラムという。これを夏季オリンピックの開催年(オリンピアード)に達成し、同時に五輪の金メダルを獲得することを「ゴールデン・スラム」という(1988年に当時19歳のシュテフィ・グラフが達成した偉業から、この新語が作られた)[3]。

ソフトテニス
ソフトテニス(軟式テニス)は日本へテニスが紹介された当時、テニス用具の国産が難しく輸入品が高価であったため、比較的安価に輸入(独)できたゴムを材料としたボールが使われたのが始まりである。アジアを中心にプレイされていたが現在は全世界に普及しつつあり、2007年の第13回世界選手権には40カ国をこえるエントリーがあった。ダブルスを主体というイメージが強いが、1994年以降シングルスのルールも整備されている。 また、硬式テニスとは違うルールも一部ある。

*** テニス ***

ルール
用具
服装
テニス用語

プロリーグbjリーグ

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample