*** 卓球 ***

*** ルール ***

用具規定
卓球台の上面は長さ2.74m、幅1.525mの長方形で、地面より76cmの高さに水平に位置する。台の長辺に垂直に張られたネットによって、台は2つのコートに等分される。ネットは台から15.25cmの高さに吊られ、台の両端に取り付けられたサポートによって支えられる。ボールは直径40mm、重さ2.7gのセルロイドまたは同質のプラスチック製で、色は白またはオレンジでなければならない。ラケットやユニフォームの規定については用具の節を参照。

試合進行
1試合は2001年9月1日[1]より、各ゲーム11点先取の7ゲーム制(4ゲーム先取)、5ゲーム制(3ゲーム先取)、または3ゲーム制(2ゲーム先取)で行われる。大会形式としてはトーナメント戦が多い。 10対10になったときはデュース(10対10はテンオールと呼び、11対11以降をデュース)と呼ばれ、先に2点差を付けた方が勝ちとなる。フルゲームになった際は、どちらかの選手が5ポイントになった時点でチェンジエンド(コートを交代すること)が行われる。

試合では最初に練習打をし、次にラケット交換(相手のラケットを確認する)とコイントス(日本の場合、ジャンケン)を行う。コイントスに勝った選手は、「サービス」「レシーブ」「コート」のいずれかを選択することができる。負けた選手は、残った選択肢の中から選ぶ。

サービスは2本交代。ただしデュースのときは1本交代になる。サーバーはラケットを持っていない手(フリーハンド)の手のひらからほぼ垂直に 16cm以上投げ上げ(台の下から投げてはいけない)、落ちて来るところをラケットによってエンドライン(台の後方)から打球し、まず自分のコートにバウンドさせ、次にネットの上を越して、相手のコートにバウンドさせなくてはならない。サービスがネットに当って相手のコートに落ちた場合は、「ネット」(前まではレットであった)といい、やり直しになる。それ以外の場合は、サービスミスになり、相手の得点になる。また、サーブをするときには、ボールを選手の体やユニフォームで相手選手から隠してはならない。

サービスされるか返球されるかして自分のコートに返球されたボールは直接、またはネットに接触した後に、相手のコートに落ちるように返球しなければならない。これが出来なかった場合、相手の得点になる。ボールを自分のコートで2バウンドさせたり、ボールを自分の体に当てたりラケットに2度続けて当てたりしてはならないが、ラケットを持つ手の手首よりも先(指など)にボールが当たったり、ラバーに当たらずに相手のコートに入った場合は有効である。相手が打ったボールが自分の台にバウンドする前に、台の方向に向かって飛んでいるボールを台上で、直接ラケットや体に当ててはならない。

台上でのボレーは禁止。ボレーをすると相手の得点になる。

1ゲームが終わったら、チェンジエンドして次のゲームに入る。次のゲームでは、前のゲームで最初にレシーブをした選手からサービスを始める。

ダブルスの場合、サービスはサーバー側コートの右半面からレシーバー側コートの右半面へと、交差するようにバウンドさせなければならない。ダブルスは、ペアは交互に打ち、サーブ権が相手に移動するとサーブをしていなかった選手がレシーブをすることになる。

1ゲームが開始より10分が経過しても終わらない場合に適用される「促進ルール」が規定されている。

ルール内容は適時見直されて改定が行われており、事例として2001年8月31日まではサービスは5本交代、1ゲーム21点先取の3ゲームまたは2ゲーム先取であった[1]。

ダブルス
基本的にはシングルスと同じルールで行われるが、いくつかの条件が加わる。 サービスは、サーバー側コートの右半面にバウンドさせ、ネットの上を越してレシーバー側コートの右半面へと、交差するようにバウンドさせなければならない。バウンドさせる面を間違えた場合は相手のポイントになる。 サービス後のラリーでは、ペアは交互に打たなければならない。同じプレイヤーが二度続けて打つと相手のポイントになる。 サービス権が相手に移動すると、サービスをしていなかった選手がレシーバーになり、それまでレシーバーだった選手が次のサーバーになる。 1ゲームが終わって次のゲームに入る時は、前のゲームで最初にレシーブをしたペアからサービスを始める。その際、最初にサーバーになるのはペアのどちらの選手でも良い。レシーバーは、前のゲームと異なる組み合わせとなるようにする。 世界卓球選手権や全日本卓球選手権などでは、男子2人または女子2人のペアで行われる通常のダブルスに加えて、男子1人、女子1人ずつのペアで行う混合ダブルスが行われている。

団体戦方式
団体戦は場合により様々な方式が取られている。世界卓球選手権などでは、双方のチームが3人の選手でシングルスにより最大5回対戦し、先に3勝した側が勝ちとなる方式が採用されている。北京オリンピックの団体戦では、3人の選手で4シングルス、1ダブルスを戦う方式が採用された。

日本国内では、日本卓球リーグを始めとして4人の選手による4シングル1ダブルス方式が多い。この場合、同じ選手がシングルスとダブルスの両方に出ることができる。大会によっては6シングル1ダブルス(関東学生連盟)や3シングル2ダブルス(新日本スポーツ連盟)などの方式もある。さらにローカル大会になると2シングル1ダブルスやダブルスだけの団体戦や男女混成の団体戦もあり、多彩な方式で行われている。

*** 卓球 ***

ルール
用具
打法

プロリーグbjリーグ

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample