*** 陸上 ***

*** 走幅跳 ***

競技の着地点は普通、安全性と記録の行いやすさから砂場となっている。その砂場にできた競技者の身体(普通は足)の跡のうち、踏み切り地点より最も近い地点を着地点とし、踏み切り地点からの距離を記録とする。手や尻を後ろに突いてしまった場合はその地点までの距離が記録となる。

走幅跳は、おおよそ4つの局面からなる。助走局面と踏み切り局面、空中局面及び着地局面である。 その跳躍記録は、助走のスピードと高い関係があることが分かっている。

踏み切り板は、白く塗装された木で出来ており、踏み切った足がこれより前に出た場合、無効試技(ファウル)となる。なお、ウレタン舗装された全天候型の助走路の場合、選手のレベルに応じて踏み切り板の位置を変更出来る構造となっている。

カール・ルイスや朝原宣治といった選手は走幅跳を経て短距離種目において世界的な選手となった。 また、カール・ルイスは濃霧やファウルのため公式な記録にはならなかったが、人類初の9mを跳んでいた。この時の跳躍はつま先が出たというファウルだったがそれを考慮しても明らかに9mを大幅に超えており、一説には9m19cmを跳んでいたと言われている。

古代ギリシャで使われたハルテーレス1935年にジェシー・オーエンスが史上初めて8mを越えた(8m13cm)。この記録は1960年まで25年にわたって世界記録として残った。 また、古代オリンピックにおいては「ハルテーレス」という1.5から4.5kg程度のおもりを両手に持って跳躍を行っていた。

助走の距離に限度は設けられていない。かつて前方宙返りを加えて跳躍するスタイルが存在したが、危険性が高いと判断され現在は禁止されている。

日本においては平成10年までは教育の一環として小学校、中学校での運動能力テストの種目であったが、現在のスポーツテストでは行われていない。

陸上競技における正しい表記は走幅跳であるが、学校教育や新聞記事など陸上競技関係者以外が多く関わる場面では走り幅跳びと表記されることもある。

女子は1926年夏から日本記録として公認されている。

主なルール
試技開始の合図があってから1分以内に試技を開始しなければならない。
助走は助走路内であれば距離は自由。
助走路の外に、2個まで目印となるマーカーを置くことが出来る。
各選手に3回の試技が与えられ、上位8番目の記録の選手にはさらに3回の試技が与えられ、合計6回の試技の中での最高記録により順位を決める。
次の場合は無効試技となる。
踏み切り線の前の地面に身体の一部が触れる。
踏み切り板 (120cm) の外側で踏み切る。
着地の時、競技者の身体の跡より踏み切り線に近い砂場の外側に触れる。
砂場の中を歩いて戻る。
記録は、競技者の身体(普通は足)の跡のうち、踏み切り地点より最も近い地点を着地点とし、踏み切り地点からの距離を記録とする。手や尻を後ろに突いてしまった場合はその地点までの距離が記録となる。

*** 陸上種目 ***

種目
(公式種目のみ〔【】内は非公式〕)

短距離走 - 【50メートル競走】、【60メートル競走】、100メートル競走、【150メートル競走】、200メートル競走、【300メートル競走】、400メートル競走
中距離走 - 800メートル競走、【1000メートル競走】、1500メートル競走、【1マイル競走】、【2000メートル競走】、3000メートル競走
長距離走 - 5000メートル競走、10000メートル競走、【クォーターマラソン】、【ハーフマラソン】、フルマラソン、【ウルトラマラソン】
リレー走 - 400メートルリレー走、【800メートルリレー走】、1600メートルリレー走(マイルリレー)、【3200メートルリレー走】、【6000メートルリレー走】、【スウェーデンリレー】
障害走 - 【60メートルハードル】(室内など)、100メートルハードル(女子)、110メートルハードル(男子)、【200メートルハードル】、【300メートルハードル】(マスターズ)、400メートルハードル、【2000メートル障害】、3000メートル障害
駅伝競走
競歩 - 【3000メートル競歩】(高校女子)、5000メートル競歩(高校男子)、【10000メートル競歩】、20000メートル競歩、【30000メートル競歩】、50000メートル競歩、【2時間競歩】、
跳躍競技 - 跳躍能力を競う競技
走高跳
棒高跳
走幅跳
三段跳
投てき競技 - 投てき能力を競う競技
砲丸投
円盤投
ハンマー投
やり投
ジャベリックスロー(中学)
混成競技
十種競技(男子) 、 八種競技(高校男子) 、七種競技(女子) 、四種競技(中学)、三種競技(小学)、【二十種競技】(男子)、【十四種競技】(女子)
上記の競技のうち、日本でもなじみのあるハーフマラソンや駅伝競走はオリンピックや世界陸上競技選手権大会には採用されていない。これはマラソン同様に陸上競技場の外、つまり公道をコースとせざるを得なく、更に男女別で分ける必要もあることから、公道での交通規制が増えすぎてしまい、警備への負担増加、規制による市民生活への影響などが大きいためとも考えられる。
女子の場合は長距離走と競歩、また跳躍競技、投擲競技などの大半は日本陸連から日本記録公認外種目として始まったものが多い。大部分は1930年までに公認されたが、長距離走と競歩は1980年、三段跳は1986年、棒高跳、ハンマー投は1993年になって公認されるようになった。

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample